【6/1更新】市主催の イベント・行事の開催基準について

新型コロナウイルス感染症に係る市主催の
イベント・行事の開催基準及び施設運営の判断基準について
 

令和2年6月1日
大 町 市

 

 5月15日付け市主催のイベント・行事の開催基準及び施設運営の判断基準については、5月25日に、政府がすべての都道府県を対象に緊急事態宣言を解除したこと、及び5月29日に改正された「新型コロナウイルス感染症対策・長野県の基本的対処方針」に基づき、基本的な考え方を下記のとおり見直す。
 なお、感染状況に変化が見られた時や、国や県により新たな方針が示された場合は、必要に応じて基準の見直しを検討する。

 

 

1 基本的な考え方

【イベント・行事等の開催基準】
 市主催のイベント等については、次の基準によるものとし、民間が主催するイベント等においても、基準を遵守するよう要請する。 
 なお、期間及び人数に関わらず、感染防止対策を徹底する。

(1)6月1日~18日
 ①屋内であれば100人以下、かつ、収容定員の半分程度の参加人数にすること
 ②屋外であれば、200人以下、かつ、人と人との距離を十分に確保できる こと(できるだけ2メートル)

(2)6月19日~7月9日
 ①屋内・屋外ともに1,000人以下
 ②上記の人数要件に加えて、屋内にあっては収容定員の半分程度以内の参加人数にすること。屋外にあっては人と人との距離を十分に確保できること(できるだけ2メートル)
 ③全国的又は広域的な人の移動の伴うものは、中止を含めて、慎重な対応を求める(プロスポーツ等は無観客開催を要請)。

(3)7月10日~7月31日
 ①屋内・屋外ともに5,000人以下
 ②上記の人数要件に加えて、屋内にあっては収容定員の半分程度以内の参加人数にすること。屋外にあっては人と人との距離を十分に確保できること(できるだけ2メートル)

 

【施設運営の判断基準】
(1) 感染防止対策の徹底を図りながら運営する。ただし、6月18日までの間
は、5月25日に緊急事態宣言が解除された5都道県(北海道、埼玉県、千
葉県、東京都及び神奈川県)からの利用については、慎重な対応を呼びか
ける。
(2) 施設を使用して行うイベントについては、イベント・行事等の開催基準
を遵守するよう要請する。


2 適用期間
この基準は、令和2年6月1日から適用する。なお、大北圏域(大町保健所管内)においてクラスターが複数発生し、感染警戒レベルが3以上となった場合等においては、このイベント・行事の開催基準及び施設運営の判断基準に関わらず、別途指針を示すこととする。

トップへ戻る